logo-comalatech-publishing
Comalatech Comala Publishing

コンテンツの公開支援とスペースの複製

作業用スペースでコンテンツを作成し、成果物を公開用スペースに公開。スペース全体の複製にも対応。

Comalatech Confluence 用アドオン コンテンツ作成支援 Data Center Server

お問い合わせ

2 つのスペースを利用した、コンテンツ公開作業の効率化

Comalatech Comala Publisher を使用すると、チームは作業用スペースでコンテンツを作成し、公開用スペースで成果物を公開できます。公開用スペースには完成したコンテンツのみを配置でき、コンテンツの新規作成や既存コンテンツの更新は作業用スペースで気兼ねなく行えます。

開発元サイト  マーケットプレイス  製品ドキュメント

主な機能

2 つのスペース間の同期を実現

Comala Publishing は、作業用スペースと公開用スペースを同期します。作業用スペースで作成したページを同期することで、同一コンテンツのページが公開用スペースで公開されます。

ページ単位やスペース単位で同期

作業用スペースと公開用スペース間の同期は任意のタイミングで行えます。その際、ページを指定して同期したり、すべてのページを一括で同期したりすることが可能です。

同期状況をひと目で確認

作業用スペースの各ページのタイトル横には、同期状況を表すタグが表示されます。このタグを確認することで、そのページの最新版が公開用スペースで公開されているかを把握できます。

同期条件を詳細に設定可能

スペース管理画面では、さまざまな同期条件を設定できます。例えば、一番上の階層のページは同期しない、ページ ラベルを同期する、などを指定可能です。

スペースの複製が可能

Comala Publishing には、Confluence スペースをコピーする機能が実装されています。スペース間の同期の場合同様、さまざまなオプションを指定できます。

Comala Workflows でさらに効率化

Comala Workflows と組み合わせることで、コンテンツの公開作業に承認プロセスを追加できます。承認手続きが完了したコンテンツを自動的に公開用スペースに公開できます。

インストールは Confluence 上で

Comala Publishing のインストールやライセンス キーの入力は Confluence の管理コンソール上で行えます。また、Confluence の再起動も必要ありません。


スクリーンショット

Comalatech (コマラテック) Comala Publishing : Comala Publishing の設定画面
Comalatech (コマラテック) Comala Publishing : スペースの設定画面
Comalatech (コマラテック) Comala Publishing : 下書き用スペースのページを公開用スペースへ公開
Comalatech (コマラテック) Comala Publishing : 下書き用スペースのページを公開用スペースへ公開
Comalatech (コマラテック) Comala Publishing : 下書き用スペースの作業画面
Comalatech (コマラテック) Comala Publishing : 下書き用スペースの管理画面
Comalatech (コマラテック) Comala Publishing : 下書き用スペースの管理画面
Comalatech (コマラテック) Comala Publishing : 下書き用スペースの管理画面

デプロイメント オプション

導入先Confluence (Server)Confluence (Data Center)Confluence (Cloud)
説明Confluence オンプレミス版への導入Confluence クラスタリング対応版への導入Confluence SaaS 版への導入
対応

無料でお試しいただけます

Comala Publishing for Confluence を無料でお試しいただけます。無料トライアルのお申し込みの際は、ご希望のデプロイメント オプションをお申し付けください。