Atlassian Confluence
Atlassian Confluence

ナレッジの一元管理とコラボレーションの促進

ナレッジの一元管理やコラボレーションの促進を実現。新規ドキュメントの共同作成や既存文書の管理を支援します。

Atlassian コラボレーション ナレッジ管理 注目 Cloud Data Center Server

お問い合わせ

ナレッジの集積を加速

アトラシアン Confluence (コンフルエンス) は、社内、プロジェクト チームなど、様々なレベルでの情報や資料を共有するためのツールです。wiki 形式だけでなく、オンライン マニュアルのような形式、さらには議事録のようなフォーマットなど、ご要望に合わせてコンテンツの表示と管理が行えます。

開発元サイト

主な機能

コンテンツの更新履歴を自動で管理

Confluence ページを編集する度に更新履歴が自動で記録されます。リビジョン間の差分の確認や、特定のリビジョンへのロールバックも簡単に行えます。

既存のドキュメントもそのまま活用

既存のドキュメントを添付ファイルとしてアップロードできます。Word ファイルや PDF ファイルなど、テキストを含むドキュメントは、そのテキストも検索の対象になります。

直感的なユーザー インターフェイス

ページ編集画面をはじめ、あらゆる画面がとても直感的に設計されています。また、コンテンツの作成にあたり、専用のマークアップ言語を覚える必要はありません。

柔軟な権限スキーム

グローバル レベル、スペース レベル、そしてページ レベルで権限を設定できます。誰がどのスペースで何をできるかを詳細に指定可能です。

リッチなコンテンツの作成が簡単

さまざまなマクロが標準で用意されており、これらを利用することでリッチなコンテンツの作成が容易に行えます。また、マクロを独自に定義することも可能です。

定形書式のコンテンツの作成と管理

テンプレート機能やブルー プリント機能を利用することで、定形書式のコンテンツの作成と整理が簡単に行えます。テンプレートやブループリントを独自に定義することも可能です。

国際化にも配慮

ユーザー インターフェイスの言語をユーザー単位で指定できます。また、さまざまな言語パックが無料で公開されており、それらをアドオンとしてインストールできます。

アドオンによる機能の拡張

有償や無償のアドオンが各種公開されており、Confluence の機能を拡張できます。また、Confluence は API が公開されているため、独自にアドオンを作成することも可能です。

各種 OS に対応

Confluence は Tomcat 上で動作する Java アプリケーションです。導入先となるサーバーには、Linux、Windowns OS、Soraris (x86) などさまざまな OS を選択できます。

各種データベースに対応

Confluence のコンテンツ情報をの保存先となるデーターベースとして、Oracle、MySQL、PostgreSQL、Microsoft SQL Server などから選択できます。

Web ブラウザー経由でアクセス

Confluence は Web アプリケーションです。クライアント端末から Confluence サーバーへのアクセスには Web ブラウザーを使用します。特別なアプリケーションの導入は必要ありません。


スクリーンショット

Atlassian (アトラシアン) Confluence : ログイン作成画面
Atlassian (アトラシアン) Confluence : ダッシュボード画面
Atlassian (アトラシアン) Confluence :ページの閲覧画面
Atlassian (アトラシアン) Confluence : ページの新規作成画面
Atlassian (アトラシアン) Confluence : ページの編集画面
Atlassian (アトラシアン) Confluence : ページへのマクロの挿入画面
Atlassian (アトラシアン) Confluence : 管理画面
Atlassian (アトラシアン) Confluence : 権限の設定画面
Atlassian (アトラシアン) Confluence :バックアップの管理画面

デプロイメント オプション

エディションServerData CenterCloud
説明オンプレミス版クラスタリング対応版SaaS 版
対応

無料でお試しいただけます

Confluence を無料でお試しいただけます。無料トライアルのお申し込みの際は、ご希望のデプロイメント オプションをお申し付けください。

お問い合わせ

ライセンス価格の例

Confluence Server (スターター ライセンス/商用ライセンス)

ユーザー数新規購入価格 (税別)
10 ユーザー (スターター ライセンス)2,000 円
25 ユーザー245,000 円
50 ユーザー437,500 円
100 ユーザー805,000 円
250 ユーザー1,575,000 円
500 ユーザー2,450,000 円
2,000 ユーザー3,150,000 円
10,000 ユーザー4,025,000 円
10,001+ ユーザー4,900,000 円

備考

  • 2017 年 01 月現在の、スターター ライセンスおよび商用ライセンスの新規購入に関するベース価格です (税別)。実際のご提供価格は、弊社見積書発効日の米ドル円為替相場を考慮した値引きが適用されます。
  • Confluence Server アカデミック ライセンス、ConfluenceA Cloud、および Confluence Data Center の価格はお問い合わせください。
  • ライセンスは恒久ライセンスです。製品保守の有効期限が切れている場合でも継続して製品をお使いいただけます。
  • ライセンスを新規購入した場合、12 か月分の製品保守が付帯します。製品保守を付けずにライセンスを新規購入することはできません。
  • 製品の保守に含まれるものは、弊社による日本語もしくは英語での製品サポート、新バージョンのダウンロードおよびインストール、弊社ドキュメント サイトへのアクセスなどです。
  • ライセンス価格は、製品開発元の方針および円ドル為替相場により予告なしに変更になる場合があります。

よくある質問

Q. クライアント端末には何が必要ですか?
A. Confluence サーバーへアクセスするためのネットワーク接続と Web ブラウザーが必要です。
Q. モバイル端末でも利用できますか?
A. モバイル端末専用ビューが搭載されています。これを使用することで、コンテンツの検索、閲覧、およびコメント作成が可能です。
Q. ライセンスのアップグレードやダウングレードはできますか?
A. 可能です。ただし、ライセンスのアップグレードの場合 (ユーザー数を増やす場合)、製品の保守期間はアップグレード日から 12 か月に変更となります。