Atlassian Cloud への移行に関する 10 の誤解を正す

無料のホワイトペーパーで学ぶ Atlassian Cloud の利点

詳細を確認

Fisheye および Crucible がベーシック メンテナンス モードに移行

2020-01-16 (Thu)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  Crucible FishEye ベーシック メンテナンス モード 翻訳

今回の記事は、Fisheye 管理ドキュメント「Fisheye and Crucible are in basic maintenance mode 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

Fisheye および Crucible のいずれも Feature Complete (機能実装が完了した状態) となりました。引き続き、数多くのユーザーは複数の SCM (ソフトウェア構成管理) 上でコード変更の検索、追跡、視覚化、およびレビューを行うことができます。それと同時に、ソフトウェア開発業界および多くの Fisheye/Crucible ユーザーはより新しい技術、開発手法、ならびに Bitbucket などの製品を取り入れてソフトウェア開発を行っています。この変化を考慮した結果、アトラシアンは投資を他の自社製品の開発に集中しています。

Fisheye および Crucible がなくなるわけではありません。ユーザーが長年におよぶコード履歴、数多くのコミット、そして既存の SCM 関連の統合ビルドを多数所有していることを弊社は認識しています。また、すべてのユーザーにとって既存のコードを他のソリューションに移行することが優先事項ではないことについても同様です。現時点では、弊社には Fisheye および Crucible の EOL (サポート終了) の計画はありません。また、サポートを継続し、弊社顧客に対して現状と同じ価値をお届けます。

今後も Fisheye および Crucible の新しいリリースは公開されます。ベーシック メンテナンス モードの意味するところは、今後、Fisheye および Crucible に対してさらなる機能開発が行われないということです。アトラシアンは、有効なライセンスを持つユーザーに対して技術サポート、ならびにメンテナンス リリースの形式でのアップデートを引き続き提供します。そのようなリリースは、セキュリティおよび不具合修正、ならびにプラットフォームのアップデートに重点が置かれています。

よくある質問

何が起きているのですか?

Fisheye および Crucible はベーシック メンテナンス モードに移行しました。

“ベーシック メンテナンス モード” とは何ですか?

ベーシック メンテナンス モードの意味するところは、Fisheye および Crucible に対してさらなる機能開発が行われないということです。アトラシアンは、有効なライセンスを持つユーザーに対して技術サポート、ならびにメンテナンス リリースの形式でのアップデートを引き続き提供します。そのようなリリースは、セキュリティおよび不具合修正、ならびにプラットフォームのアップデートに重点が置かれています。

なぜこのようなことになったのですか?

ソフトウェア開発業界および多くの Fisheye/Crucible ユーザーはより新しい技術、開発手法、ならびに Bitbucket などの製品を取り入れてソフトウェア開発を行っています。この変化を考慮した結果、アトラシアンは投資を他の自社製品の開発に集中しています。

Fisheye および Crucible は “サポート終了 (End of Life)” となるのですか?

現時点でその予定はありません。多くのユーザーが引き続き Fisheye および Crucible の継続的な利用を必要としていることを、弊社は認識しています。したがって、弊社はアップデートならびにサポートの提供を継続します。

いつから実施されますか?

2020 年 01 月 13 日です。

ライセンスを新規に購入したい場合、どのような影響がありますか?

引き続き Fisheye および Crucible の新規ライセンスは購入可能です。

ライセンスの製品保守を更新したい場合、どのような影響がありますか?

既存ユーザーはお持ちの Fisheye および Crucible ライセンスの製品保守を更新可能です。

価格は変更されますか?

現時点でその予定はありません。

さらなる質問がある場合はどこに連絡すれば良いですか? Fisheye および Crucible に関する問い合わせはどこにすれば良いですか?

すべてのお問い合わせ先は https://support.atlassian.com/ です。このサイトでは技術的な問い合わせに関するサポート チケットの起票、およびライセンスならびに支払いに関するお問い合わせが可能です。

不具合修正や機能改善要望はどのように取り組まれますか?

弊社は引き続き jira.atlassian.com を使用して不具合の修正の追跡と優先順位付けを行います。ユーザーへの影響の予想 (コメント、投票、サポート チケット、ならびに弊社フィールド チームやパートナーからのフィードバック) など、数多くの要因を基に不具合は優先順位付けされます。

ベーシック メンテナンス モードでは、不具合および機能改善要望のうち、古いものやそれほど人気のないものは優先順位が低く、スケジュールに組み込まれないため、徐々にクローズされます。

ベーシック メンテナンス モードに移行するその他のアトラシアン製品はありますか?

現時点ではありません。

  Previous Next  

関連記事