Jira Service Desk 3.10.x リリース ノート

2018-01-11 (Thu)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  JIRA Service Desk リリース ノート 翻訳

今回の記事は、Jira Service Desk 管理ドキュメント「Jira Service Desk 3.10.x release notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

2018 年 01 月 11 日

Jira Service Desk チームから Jira service Desk 3.10 のリリースをお知らせします。

今回のリリースでは、今まで以上にさまざまな方法でサービス デスクを設定できるようになりました。また、サービス デスクでの承認操作がより見やすくなっています。

注目点

  • プロジェクト単位で優先度を設定
  • アカウントの確認メール
  • 承認操作の視覚化

その他

このリリースに関する重要な情報については、「Jira Service Desk 3.10.x アップグレード ノート 」を参照してください。また、解決した 課題の全一覧 も参照してください。

今日は優先度の設定に最適な日

全く同じプロジェクトは 2 つとないことを弊社は理解しています。また、全く同じ方法で問題に取り組むチームが 2 つとないことも理解しています。それが Jira Service Desk に 優先度スキーム が導入された理由です。各チームがプロジェクトを扱う際、そのプロジェクトに自分たちが必要とする多様性を持たせることができます。

優先度スキームのセットアップはマッピングと同じです。スキームで必要とする優先度を選択または作成し、そのスキームを使用するプロジェクトにマッピングします。優先度スキームを複数のプロジェクトで再利用できますし、必要な数だけ作成することも可能です。すべてはチームの方針次第です。

詳細については、「プロジェクトへの優先度の関連付け 」を参照してください。

アカウントの確認メールよ、さようなら

電子メール ベースのサービス デスクを運用している組織の皆さん、これはあなた方のための機能です。顧客にとって、電子メールでリクエストを起票する際にアカウントの確認メールを受け取ることは分かりにくいかもしれません。

1 番投票の多かった機能改善リクエスト に基にづき、このようなアカウントの確認メールを無効化する機能が実装されました。

詳細については、「サービス デスクの通知の管理 」を参照してください。

承認操作を素早く表示

カスタマー ポータルとサービス デスク プロジェクトの両方において、リクエストの承認操作がより見やすくなりました。リスエストの承認に関連するすべての操作は、新たに導入された承認セクションに表示されます。

詳細については、「承認のセットアップ 」を参照してください。

解決した課題


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ