JIRA から JIRA Core/Sfotware/Service Desk へのアップグレードにおける注意事項

2015-10-08 (Thu)  •  By 伊藤  •  活用のヒント  •  Jira

米国時間の 2015/10/06 より、JIRA 7.0 が公開されました。今回より、JIRA は以下の 3 種類のパッケージになっています。

さっそくこれら新 JIRA の評価をご検討されている方もいらっしゃるかも知れません。その際、既存の JIRA からのアップグレードには注意が必要です。例えば、JIRA 6.4.x などのバージョンから新 JIRA へアップグレードする際に発生する問題が報告されています。

そこで、この問題も含め、弊社で JIRA 6.4.10 から JIRA Core 7.0 へのアップグレードを行った際の結果をご報告します。なお、今回使用したサーバー OS は CentOS 7 (64 ビット) です。

1. JIRA 6.4.10 の server.xml の確認

今回使用した JIRA 6.4.10 では、コネクタ ポート 8180 へ、コンテキスト パスを /jira に変更した状態で使用しています。

コネクター ポートの設定

<Connector port="8180"
                   maxThreads="150"
                   minSpareThreads="25"
                   connectionTimeout="20000"
                   enableLookups="false"
                   maxHttpHeaderSize="8192"
                   protocol="HTTP/1.1"
                   useBodyEncodingForURI="true"
                   redirectPort="8443"
                   acceptCount="100"
                   disableUploadTimeout="true"/>

コンテキスト パスの設定

<Context path="/jira" docBase="${catalina.home}/atlassian-jira" reloadable="false" useHttpOnly="true">

この設定で JIRA 6.4.10 を起動し、問題なくアクセスできることを確認します。

SS-2015-10-08-07

2. JIRA Core へのアップグレード

以下の URL から JIRA Core 7.0 のインストーラー パッケージをダウンロードします。

次に、以下のコマンドで実行可能ファイルに変更し、上書き導入を行います。

chmod +x atlassian-jira-core-7.0.0-x64.bin

SS-2015-10-08-02

SS-2015-10-08-03

SS-2015-10-08-04

通常ですと、アップグレードが終了すると、Web ブラウザーからアクセスできるます。しかし、今回、JIRA 6.4.10 の時と同じ URL でアクセスすると、以下のエラーが表示されました。

SS-2015-10-08-05

また、コンテキスト パスとして設定した /jira を外した URL へアクセスすると、以下のエラーが発生しました。

SS-2015-10-08-06

3. JIRA Core の server.xml の確認

ここで一度 JIRA Core を停止し、conf/server.xml を確認すると、以下のようになっていました。

コネクター ポートの設定

<Connector port="8180"
        maxThreads="150"
        minSpareThreads="25"
        connectionTimeout="20000"
        enableLookups="false"
        maxHttpHeaderSize="8192"
        protocol="HTTP/1.1"
        useBodyEncodingForURI="true"
        redirectPort="8443"
        acceptCount="100"
        disableUploadTimeout="true"/>

コンテキスト パスの設定

<Context path="" docBase="${catalina.home}/atlassian-jira" reloadable="false" useHttpOnly="true">

これを見る限り、以前の server.xml からコネクタ ポート設定は受け継いでいるものの、コンテキスト設定は継承できていないことが分かります。

新しい server.xml の情報を元に、再度 JIRA を起動し、改めてポート 8180 へアクセスを行うと正常にアクセスできることを確認しました。

SS-2015-10-08-07

まとめ

JIRA サーバーと Apache HTTP サーバーを組み合わせてご利用している場合、コンテキスト パスやコネクタ ポートの設定を変更することが多いので、今回のような問題が発生する可能性があります。ご注意ください。

  前の記事 次の記事  

関連記事