Team Calendars 2.4 – Confluence エディターからカレンダーを作成

2012-08-13 (Mon)  •  By 伊藤  •  活用のヒント  •  Team Calendars 翻訳

今回の記事は、Team Calendars 2.4 に関するアトラシアン ブログ「Team Calendars 2.4 – Create Calendars from the Confluence Editor 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

チームで作業するにあたって重要な構成要素は 2 つあります。作成するコンテンツと合意の下設定されたスケジュールです。次のメジャー リリースである Team Calendars  2.4 では、チーム スケジュールと Confluence で行う作業を今までにない方法で結び付けました。Team Calendars 2.4 は こちらからダウンロードできます

Confluence エディターでカレンダーを新規作成

Team Calendars をチームのスペース ホームページやプロジェクト ダッシュボードに追加すると、チーム メンバーや関係者が常にスケジュールを把握できます。Team Calendars 2.3 では、Confluence エディター内でカレンダー管理を改善する第一歩を踏み出しました。今回のリリースではさらに改善が施され、既存チーム カレンダーの組み込みや新規カレンダーの作成を Confluence ページの編集中に簡単に行えるようにしました。

Confluence Wiki 用 Team Calendars - カレンダーの挿入

挿入メニューで作業を開始

Confluence ページでプロジェクトの計画ページやチーム ダッシュボードを作成する場合、主要マイルストーンを示すカレンダーを含めたいと思うことが多くあります。Team Calendars 2.4 より前のバージョンでは、カレンダーを作成する “マイ カレンダー” ビューとコンテンツを作成する Confluence ページ間を行ったり来たりする必要がある手順の多いプロセスでした。

Team Calendars 2.4  ではこのプロセスを効率化し、Confluence エディターを離れることなくコンテンツの作成とスケジュールの設定を同時に行えるようになりました。

Confluence エディターでのカレンダーの作成

上級ユーザー向けヒント : マクロの オートコンプリート を使用して、マウスを触ることなくカレンダーを挿入できます。{ と入力して “Team Calendars” と入力し始めます。新しいカレンダーや既存のカレンダーを即座に追加できます。

オートコンプリートでの Team Calendars の挿入

Confluence エディター内に Team Calendars を挿入する目的は、[マイ カレンダー] 画面にカレンダーを作成する方法を反映することでチームのスケジュールとコンテンツを統合することでした。エディターからカレンダーを新規作成すると、3 つの種類のチーム カレンダーを組み込むか、お気に入りのパーソナル カレンダー ツールから既存のカレンダーをインポートするオプションが示されます。

カレンダーの作成画面

新しいイベント カレンダー、ユーザー カレンダー、または JIRA カレンダーを挿入すると、Confluence は Team Calendars マクロを Confluence ページに組み込みます。そこからマクロのプロパティ パネルを使用して組み込んだ Team Calendars のパラメーターを詳しく指定できます。新規か既存かに関わらず他のカレンダーをすばやく追加でき、カレンダー マッシュアップを簡単に作成できます。

カレンダーの追加

Confluence エディターからの新しいチーム カレンダーの作成は非常にシンプルです。チーム スケジュールとコンテンツの統合がかつてなく簡単になりました。

既存のカレンダーの追加

Team Calendars 2.4 より前のバージョンでは、既存のカレンダーを追加するには正確なカレンダー名を把握している必要がありました。しかし今回のバージョンでは、人気のチーム カレンダーの組み込みや既存のカレンダーの検索を簡単に行えるようにすることで、カレンダーを見つけやすくしました。

人気カレンダーの追加とカレンダーの検索

新しく組み込まれた Team Calendars の凡例

最後に、組み込まれた Team Calendars を参照する凡例を含めるためのオプションを追加しました。組み込まれたカレンダー マッシュアップに凡例を追加すると、さまざまなカレンダーを色で見分けることができるので便利です。

カレンダーの凡例

また、凡例に記載されるカレンダーにはリンクが張られ、1 回のクリックでカレンダーを [マイ カレンダー] ビューに簡単に追加できます。Confluence ページでもっと頻繁に確認したい組み込みカレンダーを見つけたときに便利です。

Team Calendars のまとめ

数多くのリリースを経て、最新にして最良のリリースの情報を把握するのが困難になってきました。すばらしい機能を見逃してしまった方たちのために、各リリースの注目点を以下にまとめます。

Facebook、Skype、Workday、および HTC など 1,200 を超える企業 が Team Calendars を使用してチーム休暇をスケジュールしたり、JIRA プロジェクトを追跡したり、イベントを計画しています。その理由をご自分の目でお確かめください。

Team Calendars 2.4 を今すぐお試しください

Team Calendars を既にご利用の場合は、「Team Calendars 2.4 リリース ノート 」を参照して詳細を確認し、最新版にアップグレードしてください。

また、弊社のサーバーまたはご自分のサーバーで 30 日間の無料トライアル をお試しいただけます。いずれにしても数クリックで済みます。自社のサーバーで Team Calendars をお試しいただく場合は、Confluence のユニバーサル プラグイン マネージャー (UPM) を使用すると数秒で使い始めることができます。以下の手順に従ってください。

  1. [閲覧 (Browse)]、[Confluence 管理者 (Confluence Admin)] の順に選択して Confluence 管理コンソールにアクセスします。
  2. Confluence 閲覧メニュー

  3. [構成 (Configuration)] サイドバーの [プラグイン (Plugins)] をクリックします。
  4. Confluence 管理プラグイン

  5. Team Calendars’ を検索して [インストール (Install)] をクリックします。これで完了です!
  6. Team Calendars - ユニバーサル プラグイン マネージャー

  Previous Next  

関連記事