Crowd 2.1 リリース ノート

2010-12-02 (Thu)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  Crowd リリース ノート 翻訳

今回の記事は、Crowd 管理ドキュメント「Crowd 2.1 Release Notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

2010 年 12 月 01 日

Atlassian Crowd チームより、反応性が高く優れた REST を活用した Crowd 2.1 の提供を開始したことをお知らせいたします。

新しい高機能の REST API はクライアント アプリケーションによる使用を前提に設計されており、今後の作業の基礎を提供します。API を構築し、Crowd の Apache と Subversion コネクタを再構成するためにこれを使用しました。今回のリリースの別の注目点として、新しいデータベースによるキャッシング、LDAP 接続プール、および Apache/Subversion コネクタを使用することによるパフォーマンスの改善が挙げられます。

今回のリリースの注目点 :

  • REST API
  • Apache/Subversion コネクタの改善
  • 全 LDAP ディレクトリでのデータベースによるキャッシング
  • LDAP 接続プール
  • セキュアなパスワード リセット
  • その他の注目点
  • 改善点と修正の全一覧

Crowd 2.1 の注目点

REST API

Crowd 2.1 では Crowd に接続するアプリケーションが使用する新しい一連の REST API が導入されました。これはカスタム アプリケーション コネクタの開発者にとっては特に朗報です。

REST API はクライアント アプリケーションに以下の機能を提供します。

また、クライアント アプリケーションはユーザー ベースに対して以下のエンティティを追加、更新、削除、および取得できます。

例 :

新しい API と REST リソースに関するガイドを参照してください。

Apache と Subversion コネクタの改善

Crowd 2.1 には新しいインプロセスの Apache/Subversion コネクタが含まれており、パフォーマンスの改善とメモリ使用量の低減が実現されました。また、コネクタは以下に対するサポートも提供しています。

今回の改善により 100 以上の投票に対応しました。Apache と Crowd の統合、および Subversion と Crowd の統合に関するドキュメントを参照してください。

全 LDAP ディレクトリでのデータベースによるキャッシング

Crowd の以前のバージョンでは LDAP ユーザーとグループ データに対してインメモリ キャッシングが提供されていました。Crowd 2.1 では LDAP キャッシュが Crowd データベースに保存され、大幅にパフォーマンスが改善されました。読み取り専用のクエリは LDAP サーバーではなくデータベースにヒットします。LDAP データのクエリは Crowd 内部ディレクトリのクエリと同じように効率的に実行されます。これはユーザーの検索に対して反応が不十分なことがある大規模な LDAP サーバーで特に有用です。

その他の機能 :

詳細については「Configuring Caching for an LDAP Directory 」を参照してください。

LDAP 接続プール

Crowd は LDAP サーバーの接続プールをサポートするようになりました。LDAP サービス プロバイダーは接続プールを維持し、必要に応じて割り当てます。接続が切断されると、LDAP は今後の使用のために接続をプールに戻します。詳細についてはドキュメントを参照してください。

接続プールは LDAP 接続確立の負荷を抑えます。Active Directory と SSL を使用しているサイトでは非セキュアな接続と同等のパフォーマンスが得られます。これは Crowd 2.0 から大幅に改善された点です。

セキュアなパスワード リセット

ユーザーがパスワードを忘れた場合、Crowd は新しいパスワードを送信することはしません。代わりに、一意でランダムな URL を送信して新しいパスワードを自分で選択するように促します。新しいワークフローにはいくつかの利点があります。

その他の注目点

改善点と修正の全一覧

  Previous Next  

関連記事